記事一覧

ビジネス腕時計人気ブランドを世代別にご紹介

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

ビジネスマンにとってマストアイテムとも言える「腕時計」。特にクライアントとの挨拶時はもちろん、名刺交換などのシーンでもさりげなく見られる部分なので、身の丈にあったモノを身につけることが重要です。

そこで今回はビジネスマンにおすすめの腕時計を20代・30代・40代に分けてご紹介。購入を検討している方はぜひ人生に寄り添う1本を見つけてください。

腕時計は社会人になれば必須のアイテムになります。身につけていないと身だしなみが整っていないと判断されることもあるので、仕事中は腕時計を身につけておくのがベターです。

なお、ビジネスシーンで使用する腕時計はスーツやシャツスタイルに合わせやすいデザインがおすすめ。シンプルで控えめな色の腕時計を選ぶようにしましょう。

ビジネススタイルにデジタル仕様の腕時計を合わせると、ややカジュアルな印象を与えることになります。決してNGというわけではありませんが、ある程度TPOに合わせた時計選びが重要となるので、アナログのほうか無難。デジタルであってもデザインやカラーがやり過ぎていないモノをチョイスしましょう。

腕時計のバンドの種類には革、メタル、ゴムなどがありますが、ビジネスシーンに向いている腕時計のバンドの種類は革、メタルバンドです。腕時計の革バンドは落ち着いた色合いの茶、黒系統がビジネスシーンでは望ましいです。

メタルバンドの腕時計は腕の太さに合わないものを使用すると威圧感が出ます。男性ならバンドの幅が太めのモノのほうがタフに見えるので、製品の紹介で着用シーンがある際はぜひ参考にしましょう。

メタルバンドの腕時計については、ビジネスシーンではチタン、ステンレススティールの腕時計を選ぶのがおすすめです。

チタンの腕時計は軽いため、長時間使用しても腕が痛くなりにくいメリットがあり、ステンレススティールの腕時計はさびにくく、耐久性があるのが特徴です。

ただ、ビジネスシーンといっても多様な職種があるので、サラリーマンならスーツに合わせやすいものを、デザイナーのようにクリエイティブな職業であれば、そのときのファッションに相応しい腕時計を選ぶのがよいでしょう。

革バンドの腕時計はメタルバンドよりもフォーマルで落ち着いた印象を与えます。メタルバンドよりも軽く、バンドのデザインを変更しやすいのが特徴です。

季節や服装に応じて腕時計の革バンドを交換すればさまざまなシーンで使い分けられるほか、一般的にメタルバンドよりも安価に購入できるというメリットがあります。

腕時計の時計部分は「ケース」と呼び、時計軸を衝撃やホコリから保護する役目があります。腕時計のケースの種類はラウンド、トノー、スクエア、ビッグフェイスなどいくつかタイプがあるので、選ぶ際は意識しておきましょう。

「ラウンド」は真円形の形状で最もスタンダードな腕時計。腕時計を身に着けたときの違和感が少ないので、どのような腕時計が自分に似合うかわからない場合はラウンドがおすすめです。

「トノー」の腕時計は樽形のケースで、1910年代に生まれたデザイン。「スクエア」の腕時計は正方形のケースで、時計のムーブメントは丸型になっているのが一般的です。

トノーとスクエアの腕時計はスタンダードなラウンドと異なり角があるため、硬派で知的な印象を与えます。スクエアより優しい雰囲気のものを選ぶなら、ケースの角が丸いトノーの腕時計を選ぶのがおすすめです。

「ビッグフェイス」の腕時計はケースが一般の腕時計よりも大きく、ラウンドのデザインが多い傾向があります。ビッグフェイスの腕時計は手や腕が華奢だとアンバランスな印象を与えやすく、バンドが太いものを選ぶなどデザイン選びも大切です。

腕時計のベルトの色はブラックを選ぶのが無難ですが、持っている革靴の色と同系色だと統一感を出せます。また、固すぎずやわらかい印象を与えたい場合は、トーンの落ち着いた暗めのダークブラウンを選ぶのもおすすめです。

ビジネス用の腕時計を選ぶ際は、スーツの価格に見合ったモノを選ぶのがポイント。リーズナブルなスーツに何百万円もする腕時計をしていると違和感があり、その逆もまた然りなので持っているスーツに見合う腕時計を選びましょう。

20代におすすめしたいビジネス用腕時計
20代のビジネスマンにおすすめの腕時計は1万〜5万円前後のものがベスト。高すぎても安すぎてもいけないのでこの辺りの価格帯が妥当です。デザインに関しては、シルバーかレザーのベルトで、装飾がついていないオーソドックスなモノを選ぶとよいでしょう。

シチズン(CITIZEN)
シチズンは、1918年に創業。懐中時計を製作したのが時計メーカーとしての始まりです。“市民に親しまれるように”という意味を込めて付けられた社名の通り、国内では最大手、世界でも3割以上のシェアを誇るブランドとしても知られています。

シチズン(CITIZEN) アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 CB3010-57L