記事一覧

オーガニックリキッドソープの「ドクターブロナー」がマルチに使えるソープ発売

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

ネイチャーズウェイは4月25日、オーガニックリキッドソープ「ドクターブロナー(DR.BRONNER’S)」から7月15日に発売する新製品「オーガニック シュガー ソープ」の発表会を東京・渋谷の「トランク ホテル(TRUNK HOTEL)」で開催した。また同日、マイケル・ブロナー(Michael Bronner)=ドクターブロナー社長と辻井隆行パタゴニア(PATAGONIA)日本支社長によるトークセッションを開き、2020年に米国で新設を目指す「環境再生型オーガニック認証(Regenerative Organic Certification)」について対談した。

 新製品「オーガニック シュガー ソープ」は、天然由来成分100%で作ったリキッドソープ(全5種、各355mL、各2200円)で、1本でフェイス、ボディー、手などに使用できる。洗浄成分としてシカカイ(アカシアコンシナ果実)を、保湿成分として砂糖を配合した。また通常せっけんに多く配合される水の代わりにホワイトグレープ果汁を使用することで、より高い保湿効果を実現した。

 せっけんメーカーであるブロナー家は1858年からせっけん作りに取り組み、1948年に米・カリフォルニアにドクターブロナー社を創業。5世代にわたって家族経営でビジネスを展開し、宗教や民族の差別がない結束をうたう“オールワン(ALL-ONE)”ビジョンを掲げ、フェアトレードや環境に配慮した製品作りを行っている。同社は、環境保護に対して同じ目標を持つパタゴニアなどの企業や活動家とともに、世界でもっとも厳しいオーガニック認証の一つといわれるUSDAオーガニック認証をベースに、「土壌の健康」「動物福祉」「社会的公平性」の3つの柱を加えた新たな認証システム、「環境再生型オーガニック認証(ROC)」の設立に向けてパイロットプログラムを発足させ、20年の設立を目指している。

 ブロナー・ドクターブロナー社長が「ROC認証があれば、二酸化炭素を地球に戻す農法による商品や農家とのフェアトレード、動物福祉などの活動を行う企業が消費者にも分かる。そうした企業の商品を買うことが環境保護の支援になり、コストを下げることにつながる。世界共通の問題に消費することで意思を示してほしい」と話すと、辻井パタゴニア日本支社長は「『パタゴニア』はアウトドアブランドだが、アウトドアは自然がないと成り立たない。ビジネスを続けるためには、地球からとった分を返していかなくてはいけない。はじめから100を目指すと難しくなるので、例えば食に興味があったら食から、ファッションだったらファッションからという具合に、日本的な“いい加減”で地球のことを考えてみてほしい」と続けた。

 「ドクターブロナー」は、日本では約18年にわたってサハラ・インターナショナルが輸入・販売を手掛けていたが、このほど「ヴェレダ(WELEDA)」や「ナチュラグラッセ(NATURAGLACE)」などを取り扱うネイチャーズウェイが独占輸入販売権を取得し、4月1日から日本正規代理店として販売している。

デニムジャケットのボーイッシュな雰囲気に夢中

アップロードファイル 8-1.pngアップロードファイル 8-2.pngアップロードファイル 8-3.png

オールシーズン人気のデニム、ちょっぴり肌寒い秋はジャケットでいつものルックをボーイッシュにまとめたい。最旬リアルストリートスタイル集『#ootd4nylonjp』からピックアップしたオータムルックを参考に、デニムジャケットのスタイリングアイデアをアップデートして。

上品な印象のネイビールックをデニムジャケットで
カジュアルダウンしてこなれ感をプラス。

デニムonデニムの上級者スタイルを双子コーデで
着こなすおしゃれファッショニスタを発見!

ボルドーのタイトワンピースをデニムジャケット、
キャップ、スニーカーでスポーティにコーディネイト。

ゆるめのシルエットが可愛いボーダートップに
ヴィンテージ風のデニム素材がマッチ。

ボーダーを活かしたミニマルなモノトーンコーデに
デニムジャケットを肩掛けしたラフなスタイル。 ♪

1992年発売の“ポロ スタジアム コレクション”が冬仕様にアップデート

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpgアップロードファイル 7-5.jpg

「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は12月6日、“ポロ ウィンター スタジアム(POLO WINTER STADIUM)”コレクションを発売する。1992年に発売したスポーツライン“ポロ スタジアム コレクション(POLO STADIUM COLLECTION)”を、冬らしい素材と現代的なテイストに落とし込んだコレクションとなる。

 “ポロ スタジアム コレクション”は、1992年開催のバルセロナオリンピックのために製作したスポーツライン。アスリートの精神を称えてデザインした、赤、白、青の星条旗カラーと、翼と足を組み合わせた“Pウィング” がアイコンとして人気だった。

 今回は、レーシングウエアをモチーフにした赤と白のカラーリングや“Pウィング”を採用した。アイテムはフーデッドコート(10万9000円)、ダウンジャケット(9万9000円)、フリースベスト(2万9000円)、タートルネックセーター(4万5000円)、パイロットキャップ(3万8000円)、バックパック(3万2000円)、シューズ(2万5000円)などをそろえる。「ポロ ラルフ ローレン」直営店をはじめ、ビームス(BEAMS)原宿店、アトモス(ATMOS)新宿店、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)などで取り扱う。ゾゾタウンでは12月中旬から販売する。

URBANEARSが彩るナイロニスタのリアルミュージックライフ♪

アップロードファイル 6-1.jpgアップロードファイル 6-2.jpgアップロードファイル 6-3.jpgアップロードファイル 6-4.jpg

ファッションと音楽はナイロニスタの毎日をハッピーにしてくれる2大ファクター。このふたつを何よりも愛するガールズにピッタリなのが、デザイン大国スウェーデンから上陸したURBANEARS(アーバンイヤーズ)のヘッドフォン! どこかレトロでおしゃれなデザイン、カラバリの豊富さ、デイリーからプロユースまで対応するモデル展開と、自分のスタイルにピッタリ合うものが見つかるのが魅力的♪

そんな大注目のヘッドフォンを日常生活に取り入れた4人のナイロニスタが登場。それぞれのライフスタイルをヴィヴィッドに彩ってくれるURBANEARSから、あなたなら何色を選ぶ?

DJとして数々のパーティで活動中のLisaのお気に入りはもちろんDJ用のモデル、ZINKEN。DJヘッドフォンといったらゴツめな印象だけど、ミニマルなデザインのZINKENはガールズDJにとっても画期的なアイテム! 「イヤフォンプラグの付け替えが出来るから、普段用とDJ用に別々のものを持ち歩く必要がないのが便利。」レコード屋巡りに出掛けるときも、スタイリッシュなZINKENがコーデのスパイスとして大活躍☆

キレイなコバルトブルーのヘッドフォンは、オールブラックのコーデ&赤いヘアカラーにピッタリ。ロゴ入りニット帽はLisaが所属するレーベル/ブランド、PROPERPEDIGREEのもの。メンズライクな印象をレッドリップでほんのり和らげて。

大阪の服飾専門学校に通いながら、新NYLONモデルとしてデビューを飾ったSaki。ランニングやダンスが好きなアクティヴガールが現在愛用しているのはダークグレーのPLATTAN。フィット感バツグンのイヤー部分で地元のお散歩タイムも快適。「常に体を動かしていたい私にとって、おしゃれする時もスポーツ気分の時でもこのヘッドフォンはパーフェクト!」

エッジの効いたファッションが好きという彼女は、ジップフーディの上からSCHOTTのライダースジャケットを羽織ってアクティヴ/ストリートの切り替えを楽しみ中。白×黒のコントラストを程良くブレンドしてくれるグレーのヘッドフォンの存在がたまらない♪

マカロンのように柔らかなピンク色がキュートなPLATTANをチョイスしたYua。彼女の人生を語る上で欠かせないものは、4歳から始めたクラシックバレエ。ダンサーとしてのキャリアを本格的に積むべく北海道から上京したてで、レッスンに通いながら東京探索を楽しんでいるそう。「寒い外でもかわいいヘッドフォンを着けて元気な音楽を聴いていると、思わずステップを踏んじゃうくらいウキウキする♪」

ピンクのヘッドフォンと相性バッチリなのが、FRANKのフーディ。チェーンネックレスやカモフラ柄バッグといったストリートっぽいアイテムとガーリーカラーをミックスすれば、コケティッシュなカジュアルコーデが完成。

イヤフォン派だったというMiyuは、初ヘッドフォンに思い切ってパンプキンイエローのPLATTANをゲット。カンタンに折りたたむことが出来るから持ち運びも楽々で、自分の世界に浸れる音質にも大満足♡ 残り少ないキャンパスライフは思い出の曲と一緒に日々満喫するつもり。「URBANEARSのヘッドフォンを持っている人同士で、ひとつの音源をシェアできるの。仲良しグループでやってみたいな」

ストリートで人気のPIGALLEのフーディ×TOPSHOPのデニムはMiyuの定番カレッジスタイル。「今季はネイビーやライトグレーの服をたくさん買ったから、このヴィヴィッドなパンプキンイエローがとっても良く馴染んでうれしい」

今日の1番さん:シュプリーム編』ザ・ノース・フェイスコラボ発売日

アップロードファイル 4-1.webp
アップロードファイル 4-2.webp

話題のスポットで今日1番〇〇した人に話を聞く「今日の1番さん」。12月1日は、「シュプリーム(Supreme)」と「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」のコラボレーションアイテムが発売されました。シュプリーム 原宿店には、前日の15時に約500人が行列。オープン時間の10時入店に当選した人の中から、最も早く退店した「今日の1番さん」に話を聞きました。
抽選は昨日行われたんですか?

 はい。昨日の11時に来て、途中で打ち切りになったんですけど最終的に500人ぐらい並んでいました。15時ぐらいに抽選が始まって、渡された紙にあるQRコードを読み込むと今日の9時に来てくださいと書かれてたので今日の9時にまた来ました。

ー何番を当選したんですか?

 1番です。オープンまでの1時間は友達とか並んでいる人と何を買うかみたいな話をしていました。

ー目当ての商品は?

 実は付き添いというか、友達が並ぶと聞いて、一度並んでみたいなと思っていたので参加したんですよね。シュプリームのアイテムは買ったことがなかったですし、初めて並びに参加したので1番で入店できた凄さがよく分かっていなくて(笑)。「欲しいものを何でも買えるぞ」って周りのみんなは喜んでいましたが。あとFASHIONSNAP.COMに「今日の1番さん」で取材されるかもよとも言われました(笑)。

ー何を購入しましたか?

 あまり詳しく知らなかったんですが、実物を見てみると格好良かったのでフリースやTシャツなどほとんどの商品の白色Sサイズを買いました。全部で16万円ぐらいでした。初めて並んでみての感想は?

 最近並び方が変わったらしく徹夜じゃなかったのでまだよかったですね。それでも寒かったですが。

ーまた並びたいと思いますか?

 1番を引けて良い思いができたので、また並んでみたいですね。

ーシュプリームが人気の理由は何だと思いますか?

 ブランディングですかね。これまで特に何も感じていなかったんですけど、店員さんを見て格好良いなと思いました。今、他に狙っているものはありますか?

 就職して私服を着る機会が減るので服を買いたいという気持ちはあまりないですけど、寒いのが苦手なのでザ・ノース・フェイスのバルトロライトジャケットを買いたいですね。

ー今日この後のご予定は?

 友達とご飯を食べに行きます。あと試着せずにとりあえず買ったものばかりで、サイズが合っているかわからないんですよね。帰って着て確かめます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ