記事一覧

「イニスフリー」が「トイ・ストーリー」とコラボ カラフル&キュートな限定コレクション登場

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

韓国チェジュ島発のコスメブランド「イニスフリー(INNISFREE)」は、人気ディズニー映画「トイ・ストーリー」のキャラクターをあしらった限定デザイン製品を2019年1月2日から販売する。アイテムはハンドクリームやリップバーム、ミネラルパウダーなど。また、日本未発売だったアイシャドウ「トゥインクル グリッター」も限定デザインで展開する。

 限定コレクションは映画に登場するキャラクターのエイリアン、ロッツォ、ミスター・ポテトヘッドの顔をデザインした「チェジュライフパフュームド ハンドクリーム」(3種、各480円)、ウッディ、バズ・トレーヤー、ジェシーの限定パッケージを用意した「ノーセバム ミネラルパウダー」(3種、各750円)や「マイリップバーム」(3種、各1200円)など。内蔵ブラシでまぶたに塗布し、指でなじませるだけで目元に輝きを与える日本新登場のリキッドグリッター「トゥインクル グリッター」(3種、各1200円)にはハムが描かれている。

 その他、ミニチュアサイズのボディークレンザーとローションをセットにした「マイパフュームドボディ ミニチュア セット」(1450円)や、香りが異なるハンドクリーム3種を詰め合わせた「チェジュライフパフュームド ハンドクリーム セット」(1400円)など、正月のプチギフトや成人の祝いなどにも使えるアイテムも用意。3種のクレイマスクと「ノーセバム ミネラルパウダー」をセットにした「スーパーヴォルカニック X ノーセバム セット」(2350 円)、チェジュ島産有機栽培のオリジナル美容茶葉から抽出したエキスを配合した「グリーンティーシード セラム」と「グリーンティーシード クリーム」を組み合わせた「グリーンティーシード セラム セット」(2900 円)など、ブランドの人気アイテムも限定コレクションにラインアップした。

デニムジャケットのボーイッシュな雰囲気に夢中

アップロードファイル 8-1.pngアップロードファイル 8-2.pngアップロードファイル 8-3.png

オールシーズン人気のデニム、ちょっぴり肌寒い秋はジャケットでいつものルックをボーイッシュにまとめたい。最旬リアルストリートスタイル集『#ootd4nylonjp』からピックアップしたオータムルックを参考に、デニムジャケットのスタイリングアイデアをアップデートして。

上品な印象のネイビールックをデニムジャケットで
カジュアルダウンしてこなれ感をプラス。

デニムonデニムの上級者スタイルを双子コーデで
着こなすおしゃれファッショニスタを発見!

ボルドーのタイトワンピースをデニムジャケット、
キャップ、スニーカーでスポーティにコーディネイト。

ゆるめのシルエットが可愛いボーダートップに
ヴィンテージ風のデニム素材がマッチ。

ボーダーを活かしたミニマルなモノトーンコーデに
デニムジャケットを肩掛けしたラフなスタイル。 ♪

1992年発売の“ポロ スタジアム コレクション”が冬仕様にアップデート

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpgアップロードファイル 7-5.jpg

「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は12月6日、“ポロ ウィンター スタジアム(POLO WINTER STADIUM)”コレクションを発売する。1992年に発売したスポーツライン“ポロ スタジアム コレクション(POLO STADIUM COLLECTION)”を、冬らしい素材と現代的なテイストに落とし込んだコレクションとなる。

 “ポロ スタジアム コレクション”は、1992年開催のバルセロナオリンピックのために製作したスポーツライン。アスリートの精神を称えてデザインした、赤、白、青の星条旗カラーと、翼と足を組み合わせた“Pウィング” がアイコンとして人気だった。

 今回は、レーシングウエアをモチーフにした赤と白のカラーリングや“Pウィング”を採用した。アイテムはフーデッドコート(10万9000円)、ダウンジャケット(9万9000円)、フリースベスト(2万9000円)、タートルネックセーター(4万5000円)、パイロットキャップ(3万8000円)、バックパック(3万2000円)、シューズ(2万5000円)などをそろえる。「ポロ ラルフ ローレン」直営店をはじめ、ビームス(BEAMS)原宿店、アトモス(ATMOS)新宿店、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)などで取り扱う。ゾゾタウンでは12月中旬から販売する。

URBANEARSが彩るナイロニスタのリアルミュージックライフ♪

アップロードファイル 6-1.jpgアップロードファイル 6-2.jpgアップロードファイル 6-3.jpgアップロードファイル 6-4.jpg

ファッションと音楽はナイロニスタの毎日をハッピーにしてくれる2大ファクター。このふたつを何よりも愛するガールズにピッタリなのが、デザイン大国スウェーデンから上陸したURBANEARS(アーバンイヤーズ)のヘッドフォン! どこかレトロでおしゃれなデザイン、カラバリの豊富さ、デイリーからプロユースまで対応するモデル展開と、自分のスタイルにピッタリ合うものが見つかるのが魅力的♪

そんな大注目のヘッドフォンを日常生活に取り入れた4人のナイロニスタが登場。それぞれのライフスタイルをヴィヴィッドに彩ってくれるURBANEARSから、あなたなら何色を選ぶ?

DJとして数々のパーティで活動中のLisaのお気に入りはもちろんDJ用のモデル、ZINKEN。DJヘッドフォンといったらゴツめな印象だけど、ミニマルなデザインのZINKENはガールズDJにとっても画期的なアイテム! 「イヤフォンプラグの付け替えが出来るから、普段用とDJ用に別々のものを持ち歩く必要がないのが便利。」レコード屋巡りに出掛けるときも、スタイリッシュなZINKENがコーデのスパイスとして大活躍☆

キレイなコバルトブルーのヘッドフォンは、オールブラックのコーデ&赤いヘアカラーにピッタリ。ロゴ入りニット帽はLisaが所属するレーベル/ブランド、PROPERPEDIGREEのもの。メンズライクな印象をレッドリップでほんのり和らげて。

大阪の服飾専門学校に通いながら、新NYLONモデルとしてデビューを飾ったSaki。ランニングやダンスが好きなアクティヴガールが現在愛用しているのはダークグレーのPLATTAN。フィット感バツグンのイヤー部分で地元のお散歩タイムも快適。「常に体を動かしていたい私にとって、おしゃれする時もスポーツ気分の時でもこのヘッドフォンはパーフェクト!」

エッジの効いたファッションが好きという彼女は、ジップフーディの上からSCHOTTのライダースジャケットを羽織ってアクティヴ/ストリートの切り替えを楽しみ中。白×黒のコントラストを程良くブレンドしてくれるグレーのヘッドフォンの存在がたまらない♪

マカロンのように柔らかなピンク色がキュートなPLATTANをチョイスしたYua。彼女の人生を語る上で欠かせないものは、4歳から始めたクラシックバレエ。ダンサーとしてのキャリアを本格的に積むべく北海道から上京したてで、レッスンに通いながら東京探索を楽しんでいるそう。「寒い外でもかわいいヘッドフォンを着けて元気な音楽を聴いていると、思わずステップを踏んじゃうくらいウキウキする♪」

ピンクのヘッドフォンと相性バッチリなのが、FRANKのフーディ。チェーンネックレスやカモフラ柄バッグといったストリートっぽいアイテムとガーリーカラーをミックスすれば、コケティッシュなカジュアルコーデが完成。

イヤフォン派だったというMiyuは、初ヘッドフォンに思い切ってパンプキンイエローのPLATTANをゲット。カンタンに折りたたむことが出来るから持ち運びも楽々で、自分の世界に浸れる音質にも大満足♡ 残り少ないキャンパスライフは思い出の曲と一緒に日々満喫するつもり。「URBANEARSのヘッドフォンを持っている人同士で、ひとつの音源をシェアできるの。仲良しグループでやってみたいな」

ストリートで人気のPIGALLEのフーディ×TOPSHOPのデニムはMiyuの定番カレッジスタイル。「今季はネイビーやライトグレーの服をたくさん買ったから、このヴィヴィッドなパンプキンイエローがとっても良く馴染んでうれしい」

アクアタイマー・クロノグラフ”シャーク”

アップロードファイル 5-1.jpg

IWC・芸術書の大手出版社であるタッシェン・米国出身の有名写真家、マイケル・ミュラーがタッグを組み誕生したアクアタイマー・クロノグラフ “シャーク”。
私個人的にも気に入っている魅惑的なグレーの文字盤カラーは、そのモデル名にもなっている”シャーク(鮫)”の肌色に由来しています。

IWCのアクアタイマーシリーズは、ダイバーズウォッチでありながらも繊細で美しい文字盤デザインに定評があります。
300メートルの潜水にも耐えられる性能を備える当モデルなら、アクティブにオフを楽しむ方にもピッタリ。
それでいて、スーツにも違和感無く合わせられるキレイめデザインです。

カジュアルにならない落ち着いたグレーカラーの文字盤は、光の干渉によって見え方が全く違ってきます。
どんなスタイルにも似合い、品良く主張してくれる優等生カラーと言えますね。
裏蓋には遊泳するシュモクザメのエングレーヴィングが施されており、
特別モデルならではの優越感を味わえる仕様となっております。

当店には只今1本のみ在庫がございます。
生産本数に限りがありますため、お気になられた方は是非お早めに!

今日の1番さん:シュプリーム編』ザ・ノース・フェイスコラボ発売日

アップロードファイル 4-1.webp
アップロードファイル 4-2.webp

話題のスポットで今日1番〇〇した人に話を聞く「今日の1番さん」。12月1日は、「シュプリーム(Supreme)」と「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」のコラボレーションアイテムが発売されました。シュプリーム 原宿店には、前日の15時に約500人が行列。オープン時間の10時入店に当選した人の中から、最も早く退店した「今日の1番さん」に話を聞きました。
抽選は昨日行われたんですか?

 はい。昨日の11時に来て、途中で打ち切りになったんですけど最終的に500人ぐらい並んでいました。15時ぐらいに抽選が始まって、渡された紙にあるQRコードを読み込むと今日の9時に来てくださいと書かれてたので今日の9時にまた来ました。

ー何番を当選したんですか?

 1番です。オープンまでの1時間は友達とか並んでいる人と何を買うかみたいな話をしていました。

ー目当ての商品は?

 実は付き添いというか、友達が並ぶと聞いて、一度並んでみたいなと思っていたので参加したんですよね。シュプリームのアイテムは買ったことがなかったですし、初めて並びに参加したので1番で入店できた凄さがよく分かっていなくて(笑)。「欲しいものを何でも買えるぞ」って周りのみんなは喜んでいましたが。あとFASHIONSNAP.COMに「今日の1番さん」で取材されるかもよとも言われました(笑)。

ー何を購入しましたか?

 あまり詳しく知らなかったんですが、実物を見てみると格好良かったのでフリースやTシャツなどほとんどの商品の白色Sサイズを買いました。全部で16万円ぐらいでした。初めて並んでみての感想は?

 最近並び方が変わったらしく徹夜じゃなかったのでまだよかったですね。それでも寒かったですが。

ーまた並びたいと思いますか?

 1番を引けて良い思いができたので、また並んでみたいですね。

ーシュプリームが人気の理由は何だと思いますか?

 ブランディングですかね。これまで特に何も感じていなかったんですけど、店員さんを見て格好良いなと思いました。今、他に狙っているものはありますか?

 就職して私服を着る機会が減るので服を買いたいという気持ちはあまりないですけど、寒いのが苦手なのでザ・ノース・フェイスのバルトロライトジャケットを買いたいですね。

ー今日この後のご予定は?

 友達とご飯を食べに行きます。あと試着せずにとりあえず買ったものばかりで、サイズが合っているかわからないんですよね。帰って着て確かめます。

ビジネス腕時計人気ブランドを世代別にご紹介

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

ビジネスマンにとってマストアイテムとも言える「腕時計」。特にクライアントとの挨拶時はもちろん、名刺交換などのシーンでもさりげなく見られる部分なので、身の丈にあったモノを身につけることが重要です。

そこで今回はビジネスマンにおすすめの腕時計を20代・30代・40代に分けてご紹介。購入を検討している方はぜひ人生に寄り添う1本を見つけてください。

腕時計は社会人になれば必須のアイテムになります。身につけていないと身だしなみが整っていないと判断されることもあるので、仕事中は腕時計を身につけておくのがベターです。

なお、ビジネスシーンで使用する腕時計はスーツやシャツスタイルに合わせやすいデザインがおすすめ。シンプルで控えめな色の腕時計を選ぶようにしましょう。

ビジネススタイルにデジタル仕様の腕時計を合わせると、ややカジュアルな印象を与えることになります。決してNGというわけではありませんが、ある程度TPOに合わせた時計選びが重要となるので、アナログのほうか無難。デジタルであってもデザインやカラーがやり過ぎていないモノをチョイスしましょう。

腕時計のバンドの種類には革、メタル、ゴムなどがありますが、ビジネスシーンに向いている腕時計のバンドの種類は革、メタルバンドです。腕時計の革バンドは落ち着いた色合いの茶、黒系統がビジネスシーンでは望ましいです。

メタルバンドの腕時計は腕の太さに合わないものを使用すると威圧感が出ます。男性ならバンドの幅が太めのモノのほうがタフに見えるので、製品の紹介で着用シーンがある際はぜひ参考にしましょう。

メタルバンドの腕時計については、ビジネスシーンではチタン、ステンレススティールの腕時計を選ぶのがおすすめです。

チタンの腕時計は軽いため、長時間使用しても腕が痛くなりにくいメリットがあり、ステンレススティールの腕時計はさびにくく、耐久性があるのが特徴です。

ただ、ビジネスシーンといっても多様な職種があるので、サラリーマンならスーツに合わせやすいものを、デザイナーのようにクリエイティブな職業であれば、そのときのファッションに相応しい腕時計を選ぶのがよいでしょう。

革バンドの腕時計はメタルバンドよりもフォーマルで落ち着いた印象を与えます。メタルバンドよりも軽く、バンドのデザインを変更しやすいのが特徴です。

季節や服装に応じて腕時計の革バンドを交換すればさまざまなシーンで使い分けられるほか、一般的にメタルバンドよりも安価に購入できるというメリットがあります。

腕時計の時計部分は「ケース」と呼び、時計軸を衝撃やホコリから保護する役目があります。腕時計のケースの種類はラウンド、トノー、スクエア、ビッグフェイスなどいくつかタイプがあるので、選ぶ際は意識しておきましょう。

「ラウンド」は真円形の形状で最もスタンダードな腕時計。腕時計を身に着けたときの違和感が少ないので、どのような腕時計が自分に似合うかわからない場合はラウンドがおすすめです。

「トノー」の腕時計は樽形のケースで、1910年代に生まれたデザイン。「スクエア」の腕時計は正方形のケースで、時計のムーブメントは丸型になっているのが一般的です。

トノーとスクエアの腕時計はスタンダードなラウンドと異なり角があるため、硬派で知的な印象を与えます。スクエアより優しい雰囲気のものを選ぶなら、ケースの角が丸いトノーの腕時計を選ぶのがおすすめです。

「ビッグフェイス」の腕時計はケースが一般の腕時計よりも大きく、ラウンドのデザインが多い傾向があります。ビッグフェイスの腕時計は手や腕が華奢だとアンバランスな印象を与えやすく、バンドが太いものを選ぶなどデザイン選びも大切です。

腕時計のベルトの色はブラックを選ぶのが無難ですが、持っている革靴の色と同系色だと統一感を出せます。また、固すぎずやわらかい印象を与えたい場合は、トーンの落ち着いた暗めのダークブラウンを選ぶのもおすすめです。

ビジネス用の腕時計を選ぶ際は、スーツの価格に見合ったモノを選ぶのがポイント。リーズナブルなスーツに何百万円もする腕時計をしていると違和感があり、その逆もまた然りなので持っているスーツに見合う腕時計を選びましょう。

20代におすすめしたいビジネス用腕時計
20代のビジネスマンにおすすめの腕時計は1万〜5万円前後のものがベスト。高すぎても安すぎてもいけないのでこの辺りの価格帯が妥当です。デザインに関しては、シルバーかレザーのベルトで、装飾がついていないオーソドックスなモノを選ぶとよいでしょう。

シチズン(CITIZEN)
シチズンは、1918年に創業。懐中時計を製作したのが時計メーカーとしての始まりです。“市民に親しまれるように”という意味を込めて付けられた社名の通り、国内では最大手、世界でも3割以上のシェアを誇るブランドとしても知られています。

シチズン(CITIZEN) アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 CB3010-57L

かわいい髪型はバックステージにあり

パッとマネできてパッと華やぐヘアアレンジをしたいシーズン。そこでUK版「エル」から、バックステージで見つけたモードかつシンプルなヘアアレンジをクローズアップ。
シニカルなメッセージアクセサリーを手に入れてないのであれば、パーティ前にゲット。パンチの効いたアイテムにゲストも釘づけになるはず。
メイクアップのみならず、パーティであればヘアも思い切り輝かせたいところ。

夏に流行したモードなロゼカラーに煌めきをプラスすれば、冬仕様にシフト。1日でオフできるスプレーを活用してみよう。
90年代風のべっ甲クリップでランダムに髪を留めれば、クレイジーなまとめ髪の完成。シンプルなビジューのピンもアクセントとして取り入れてみて。
ランウェイで多く見られたリボンアレンジ。ガーリーな三つ編みの場合は、リボンをモノトーンにしたりレザージャケットを羽織ったりしてスパイシーさを演出するなどの調整を。
躍動感のあるかき上げバングスは、ホールド力のあるスプレーでFIX。職場で新たな一面をアピールするときにも
うなじの位置でタイトにまとめたヘアは質感が重要なポイントに。後れ毛やベビーヘアを抑えるためにも濡れた髪を演出できるウェットワックスをON。いつものワードローブがモードにキマるという嬉しいメリットも。
手軽でありながらクラス感のアップするブラックリボンをローポニーに巻きつけるだけのシンプルスタイル。仕事後のパーティにも最適。
センシュアルなハリウッドリップと、トップにボリュームを持たせたシニヨンは60年代の女優を彷彿とさせるアイコニックスタイル。
ヘアアレンジを途中でストップしたかのようなグランジヘアで、ハズしを入れてみよう。目元には輝きのあるラメを忘れずに。

ロレックスはそれが日付にされた最も印象的な機械的運動であることをデビューしました

実際にロレックスが、そのウェブサイト上で、そして、2016年の大部分を通してのいろいろなマーケティング材料の中で、たった41の参照126333を誇示するのに用いた「ポスターモデル」でした。この特別なロレックスDateEx 41参照126333は、Fluted 18 Kイエローゴールド・ベゼルと合わせられたバトン様式時間目印付きの「シャンパン」-カラーダイヤルによる904 L鋼と18 Kの黄色の金です。また、多くの小さなリンクを使用して人気のジュビリースタイルのブレスレットのロレックスの最新バージョンを使用しています。
つのトーン「ロレレス」ロレックス時計は、彼らが鋼と金を一緒に使うという事実によって簡単に特定されることができます。王冠も金である。クラウンの上のロレックスロゴの下の2つの点は、非常に丈夫なネジダウン冠アセンブリでTwinlock水とちり保護システムでオイスターケースを示します。将来的には、ロレックスはおそらくロレックスDateMy IIのすべてのスチールバリエーションをリリースする可能性がありますが、すべての貴金属のオプションは、おそらくロレックスは、最近の新しいモデルをリリースしたより高価なロレックス日日付“社長”のドメインである可能性はありません。
2013年に戻って、私はロレックスDateWay IIとDay日付II腕時計のジョイントレビューをしました。両方のモデルが非常に類似している(ほとんど同じでないならば)41 mmの広いケースと非常に類似した運動を共有するとき、それは同時にそれらの両方をチェックすることを意味しました。つのモデルの主な違いは、ロレックスDateOnlyは、時刻と日付だけを示していますが、日の日付は、曜日と一緒に日付を示しています。
2015年に、ロレックスは日日付40本をここでデビューしました。重要なことは、これが地面からの全く新しいロレックス時計であったということでした。そして、それはあなたが現代のロレックスDay日付またはDateOnceモデルを見るならば、あなたが古いもののために一目で彼らを簡単に間違えることができるので、皮肉です。ロレックスが意図的に何十年もその着用者に慣れている視覚的な外観とスタイルを継続しようとして、これは全くの偶然でありません。ロレックス日日付40は、真新しいケースと運動を誇りました。ケースは出てくるモデルのものよりミリメートル小さいです、しかし、より良い形と比率で。年後に、2016年に、ロレックスは41 mmの広いサイズを維持したが、ロレックスDateEx IIの上で非常に改良された割合で非常に類似した新しいケースデザインを楽しみました。
日40日に、ロレックスはそれが日付にされた最も印象的な機械的運動であることをデビューしました。このRolex DateEx 41も、3255という非常によく似ている新しい動きを持ちます。ロレックスが若干のボリューム非常に高品質の機械運動で生産する方法を再発明したので、ロレックスが機械運動を再発明しなかったので、それは3235が特別であるすべての方法を説明することは難しいです。私がそれを意味するものは、同じタイプの建築で可能な限り多くのパフォーマンスを抽出しようとすることにおける激しい努力です。それは、自動車メーカーが、より大きくないか、より多くの変位を持っていない新しいエンジンをリリースするときのようです、しかし、その現在のシステムを調整して、洗練させて、より多くの力を得ることができます。
ロレックスがキャリヤ3255と3235のパフォーマンスを記述するのに使用する最善の方法は、これらの動きを含んでいる時計が「超大型クロノメーター」であると言及することによってあります再正確な意味。ロレックスは、その動きのためのまだ比較的新しい、非常に厳しい社内認証プログラムを持っています。それは、腕時計のために1日につき+ 2 / 2秒のパフォーマンスを約束します。そして、それは2倍以上の精度をCOSCクロノメーター証明によって必要とされます。
dateOnly 41のようなロレックスの超大型クロノメーター腕時計は、ロレックスで社内で、そして、外部でCOSCでテストされます。私は少なくとも二度の証明が冗長であるということを少なくとも数回言及しましたが、それは長い間持続するはずであるパフォーマンスマシンを所有するハイエンドの経験に加えます。ロレックスはまた、業界標準のトップに近い動きに5年間の保証を提供しています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ